羽田孜が絶対に必要だ!!

民主党副代表・民主党長野県連代表 北沢 俊美
プレス民主 号外(平成19年11月29日発行)より
衆院本会議で小沢一郎代表。渡部恒三最高顧問らと言葉を交わす
衆院本会議で小沢一郎代表。渡部恒三最高顧問らと言葉を交わす
 皆様の目には、いかが映っておいででしょうか。お歳を召されたなぁ、とか、党県連の代表も交代なされたのだから、そろそろ後進に任されてもいいのではないか、など様々な意見が私の耳元にも届いて参ります。

 いやはや、そんな冗談を言ってもらっては困ります。もちろん、将来わが国の政治を背負って行っていただきたい若き精鋭は、民主党の中にも大勢います。しかし、政権運営能力の有無を問われると、未知数の集団と言われても、今はまだ返す言葉がありません。小沢代表が最も案じておられるのは、正にこのことです。

 政権交代に向かって党が一丸となって戦う上でも、そのさき政権党政としての信頼を国民の皆様から勝ち得るためにも、代表のリーダーシップは、今以上に求められます。さらに挙党態勢のためには、より良きヒューマンリレーション(人と人との関係)の構築が、とても重要になります。


最強無二のパートナー
自ら、言葉足らずとおっしゃる小沢代表にとって、ごく身近で、本音を遠慮なく語り合える同志、相談相手が、今までにまして必要不可欠なのだと、党内の誰もが痛感しています。

 政治的手法や判断時期の違いで、多少の温度差があった時代も、確かにありました。しかし、すべて国民のため、と信じて決死の勇を奪い、政治的難路を掻き分け、進み来た二人。そこには、苦き歳月を共有して生きた者同士でしか、分かりあえない『共通言語』での会話があるはずです。

わが党を牽引する執行部の面々は、皆さん優れた政治家です。しかし、羽田代議士を差し置いて一体、誰が小沢代表へのご意見番であり、最大の理解者となるべき役割を担るでしょうか。


熟達の士に学ぶ深慮遠謀
 政権の要職を数多く歴任し、国際的なパイプを誰より太く持ち、内閣総理大臣までつとめ、今なお重厚な輝きを放つ、羽田代議士。国士無双、郷土の宝『羽田孜』の「経験」と「存在」こそが、明日の日本を支える『民主党の生命線』、ひいては『国民の生活を第一に考え、実行していくための絶対条件』であると、私は断言します。

 若き政党を成長、熟成させていくためには、よき教科書や辞書が欠かせません。迅速に駆け回ったり、饒舌にまくしたてることは後進に委ねて結構、羽田代議士には、どっしりと腰を据えて党全体を見渡していただき、民主党の屋台骨として、「盟友」小沢一郎代表の脇をがっしり支えていて欲しいと願います。

信州が生んだ不世出の政治家、政治改革の鬼『羽田孜』に、もうひと踏ん張りしてもらいたい。