ふるさとへ恩返しを!

@地域の医療不安の解消に努め、緊急時にその機能を発揮するドクターヘリも生かし、命を守る医療ネットワークを確立します。

移転・新築が決まった高度救急救命医療(三次医療)機関である佐久総合病院の再構築に際し、国として財政的支援をします。
また、地域の中核病院である二次医療機関(公的病院等)がその機能を十分に果たし、入院・手術等が必要な患者さんに迅速で適切な対応を可能にするためには、医師不足の解消や、医師をはじめとした医療従事者の環境改善・環境整備の充実が必要です。そのために制度や法律の見直しを行ないます。
一次医療にたずさわる地域のかかりつけ医、二次医療・三次医療機関の連携を強化し、地域医療ネットワークを確立し、地域住民の命を守ります。
さらに医療と介護のはざまで行き場所を失ってしまう人が出ないよう、関連法の見直しを推進、介護医療型療養施設を建設し、地域住民に安心・安全な医療・介護環境を安定的に提供します。

医療への投資は、かけがえのない「命の社会保障」として、国の責任で進めます。

A介護される側と介護する側、双方の負担を軽減し、老後の生活に安心を実感できる法整備をします。

この地域には、高齢者養護施設への入所を希望しても入れず、待機している高齢者のみなさんが多くいます。そのために、介護する家族は毎日戦いです。
国が建設し、管理運営を民間に委ねるオープンシステム型の高齢者養護施設をつくり、今ある同様の施設間の紹介・協力・連携により共存共栄を図り、介護される側と介護する側、両方がゆとりをもてるシステムをつくり、安全に安心して暮らせる社会をつくります。高齢者施設には病床数のエリア制限等があり、各方面に配慮しながら、見直しを図る必要があります。介護が必要な高齢者を、家族の負担だけでなく、国の責任と地域社会全体で守る仕組みをつくります。
併せて、災害の危険性のある高齢者養護施設の移転・点検も推進します。

世界で屈指の長寿地域だからこそ、「介護」への手厚い政策が必要です。

B「地域主権」を確立し、地域に基づいた主要産業、中小企業を財政面で支援します。

地域経済を下支えしている、必要な公共事業に対し積極的な財政出動をします。しかし、補助金が中心の今の仕組みでは、市町村が望む事業展開はできません。事業決定から財政出動まで最大限、財源・権限を地方行政に委譲し、市町村が必要とする事業を自らが決め、自主的に進められる仕組みに改めます。
そのためにも国と首長との協議機関を設置し、協力して活気に満ちた地域社会をつくります。特に郷土を支える主要産業の再生と中小零細企業への支援を、国の責任で推進します。

市町村と住民が望む事業を、自主的に実行できるようにします。

Cこの国の最大の資産は「人」。雇用の安定に努め、格差社会を是正し、求人倍率を高め求職者を支援します。

労働者のガンバリに応えるため、労働分配率の引き上げを支援します。

D大規模太陽光発電の国家プロジェクト誘致で地域に潤いを招き、世界に誇るクリーンエネルギーの発信基地として環境貢献します。

全国屈指の晴天率と荒廃遊休農地を生かし、大容量太陽光発電で地域を活性化します。

民主党最高顧問 羽田 孜