My Opinion 私の見解

政権維持のみに奮走する無責任

 また自民党で、こざかしい策略が始まりました。
 なんら目新しくもない小泉元総理の麻生批判に、政界もマスコミも何故か大騒ぎです。

 国民から完全に見放された麻生総理では総選挙は大敗する。
 ここは小泉人気にあやかり自民党と総理を切り離し、すべての責任を総理個人に押し付ける。そして国民の怒りを総理に集中させ、出来るだけ国民の批判をかわしながら麻生総裁を降ろし、新しい総裁のもとで総選挙に臨む。自民党らしいこざかしい策略です。

 国民の目をそらし政権維持だけに奮走する無責任。
 政権政党としての国民への責任感は微塵もありません。
 これこそ小泉元総理の発言をかりれば、「怒るというよりは、笑っちゃうくらい、ただただあきれている」ではないでしょうか。

 私たち国民は、ことごとく自民党政権に裏切られてきました。
 政権が長すぎると、政治も行政も必ず腐敗します。
 表紙をいくら変えても、何も変えることは出来ません。
 政権そのものを変えない限り、私たちの暮らしも、地方を守ることも出来ません。

 もう、後戻りは許されません。
 政権が変われば、間違いなく政治は大きく動きます。
 政権交代で、日本は劇的に変わります。

羽田 孜